どろあわわ 市販

毛穴のタイプで洗顔選び

毛穴の黒ずみが気になってケアしているけど、いまいち効果を感じられないというケースがあります。
効果を感じられない理由としては、ケアの仕方が間違えていることが考えられます。
間違えてしまっている理由としては、毛穴タイプがわかっていないためということが挙げられます。  毛穴のタイプは、大きく分けて3つに分けられます。
たるみ毛穴は、文字通り肌がたるんでしまうことによって毛穴が目立ってしまっている状態です。肌のハリや弾力がなくなることで肌の表皮がたるんでしまい、毛穴が長く伸びてしまい黒ずんでしまいます。  開き毛穴は、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が広がってしまった状態です。毛穴が広がったところに皮脂だけで吐く、古い角質や汚れなども混ざってしまい硬くなって取れづらくなってしまいます。
黒ずみ毛穴は古くなった角質や代謝物が溜まってしまった状態です。毛穴に入って混ざり合い、酸化することで黒ずんでしまいます。

 

このような毛穴ケアを行う場合には、洗顔料から見直す必要があります。
たるみ毛穴を改善するためには、洗浄力だけではなく肌の活力を高めながら保湿もできる洗顔が理想的です。洗顔料としては保湿成分や美容成分が多く配合されているしっとりタイプのものを選ぶことが良いとされています。  洗顔後にはツッパリ感のないものを選んでいきますが、洗顔するときには熱いお湯では潤い成分が落ちてしまうためぬるま湯で洗顔することが大切です。
開き毛穴は、さっぱりタイプの余分な皮脂や汚れを落として毛穴を引き締めるものがオススメです。ニキビ用洗顔料であれば皮脂汚れや角質汚れも落とすことができ、毛穴詰まりを予防します。
黒ずみ毛穴には汚れを落とすことのできるスクラブ洗顔や酵素洗顔が効果的です。微粒子が毛穴の奥に入り込んで汚れを書きだあしてくる効果があり黒ずみを改善できます。

 

様々な洗顔料がありますが、洗顔後にはどのタイプであれしっかりスキンケアすることも毛穴ケアには大切です。